若々しい肌を手に入れたいならボトックス注射が最適【費用がお手頃】

ボトックス注射で美容効果

注射

ボトックス注射のメカニズム

ボトックス注射はボツリヌス毒素製剤を利用した美容施術法の総称です。毒素と聞くと毒を注入して平気なのだろうか、体に悪い影響を与えるのではないか、色々な疑問や不安を抱く人は多いのではないでしょうか。ボツリヌス菌は食中毒の原因菌とも言われているため、こうした疑問や不安を感じる人は多いと言えましょう。ボツリヌス菌が作るタンパク質を薬剤として利用出来るように加工を行ったものを注入するのがボトックス注射の特徴です。薬剤は筋肉を支配すると言われている神経に取り込まれるのが特徴で、取り込まれた場合には筋肉は麻痺状態となり、弛緩させる事が出来るようになります。この作用は過剰な緊張により硬くなっている筋肉を弛緩させる事が容易に出来るようになる、関節を動かしやすくしてくれる効果を期待出来ます。ちなみに、注射で投与する薬剤はボツリヌス菌を直接注入するわけではありませんのでボツリヌス菌に感染するなどの危険はないため安心して利用する事が出来ます。病院などの治療の中でもボトックス注射が活用されており、眼瞼痙攣や痙性斜頚、片側顔面痙攣などの治療、ワキガを含む多汗症などの発汗異常などの治療に利用が行われる事もあります。美容皮膚科などでは顔に表れるほうれい線や小じわの除去など、プチ整形の分野でも活用が行われています。加齢と共に筋肉が硬直状態となり、小じわが目立つようになる、鼻の両脇から口の両側に表れるほうれい線が深くなり目立つようになるなど、実年齢よりも老けて見られてしまうケースもあります。小じわやほうれい線などの美容施術には幾つかの方法がありますが、注射器を使って薬剤を投与するだけで小じわやほうれい線が目立たなくなるメリットがボトックス注射にあるため注目を集めています。但し、薬剤による持続効果は3〜6か月などと言われており、効果が薄れて来ると投与する前と同じような状態になります。効果を持続させるためには継続的なボトックス注射の施術を受ける必要がありますが、投与する薬剤はタンパク質が主成分などからも、稀ではありますが体内で抗体が作り出されると効果が減弱するケースもあります。ちなみに、ボトックス注射には幾つかの副作用が生じると言われています。例えば、注射器を使って投与するため注射部の痛みや脱力感、筋肉痛や発疹などがあります。これはすべての人に現われるものではなく、薬剤の効果が予想以上に強く生じた場合に起きるもので、薬剤の効果が弱まると同時に副作用も収まって来ます。